2005年11月04日

ネアラ(1)記憶をなくした少女と光の竜

 新しいドラゴンランスのシリーズの第一巻です。読みました。

 内容としてはジュブナイルで、正直、平板な印象も受けましたが、まあ悪くないんじゃないでしょうか。舞台は竜槍戦争(「ドラゴンランス(戦記)」の時代)直後のソラムニアで、記憶を失った少女が記憶を取り戻すために仲間たちと旅をするという内容。低レベルの冒険ってこんな感じだよなあ、と思ったり。
 四部作で、年内に次を出す予定だとか。
 「魂の戦争」は確かに力作ですが、「ドラゴンランス(戦記)」、「ドラゴンランス伝説」、「セカンドジェネレーション」、「夏の炎の竜」の17冊を読んでいることが前提になるので、実はとても敷居が高い。そういう意味で、メインの作品群にとらわれずに読めるこういったシリーズも出していく必要があるのでしょう。
 「銀竜の騎士団(Knight of the Silver Dragon)」シリーズも出すようなことが、あとがきに書いてあるのですが、これはどうなんでしょう。こちらはドラゴンランスではないですが、D&Dのジュブナイル小説です。私自身はあまり読みたいと思わないのですが、アスキーとしては低年齢層に本を売りたいのでしょう。「アイスウィンド」も低年齢層をターゲットにしていましたね。
posted by Glaurung at 01:42| Comment(5) | TrackBack(1) | ドラゴンランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無形の玩具としてのRPG(3)

 少し間が空きましたが、続きです。

 RPGという玩具で遊ぶ際に問題になるのは、多人数で遊ぶものだという点です。一人で遊んでも楽しくないですからね。
 一人で玩具で遊ぶならそれこそ好きなように遊べばいいのですが、多人数で遊ぶ場合は、如何にそれを共有するかという話になってきます。私の経験上、RPGに「ゲーム性」という要素を持ち込むことでその調整が楽になると感じています。
 「RPGではなんでも自由なことができる」なんてことが言われたこともありましたが、実際に参加者が各自勝手気ままに動き出したらセッションは崩壊します。そこで(厳密にはコスティキャン的な意味で「目的」とは呼べなくとも)進むべき方向を示し、RPGをゲームのように遊ぶことでセッションの崩壊を防ぐことができます。
 RPGは様々な要素から成り立っていますが、「ゲーム性」という要素はそれらすべてを繋ぎとめる役割を果たすといってもよいでしょう。

 繰り返しますが、RPGをコスティキャン的な意味での「ゲーム」として遊ぶことも可能です。だからといって、是非とも「ゲーム」として遊ばなければならないというわけではなく、セッションが崩壊しない程度に「ゲーム性」が含まれていればそれでいいのではないでしょうか。
 面子やプレイスタイルによっては、「ゲーム性」が限りなく希薄になってもRPGは成立すると思われます。逆に、参加者がお互いをよく知らず、プレイスタイルの擦り合せが十分でないときは「ゲーム性」を強くした方がやりやすいようです。あとは、プレイする人の趣味次第でしょう。

 ゲームマスターについても触れておきます。ゲームマスターは、RPGを「ゲーム」として楽しむことが難しい立場にあります。ゲームマスターが使用できるゲーム内のリソースを明確に制限して、同時に明確な目的(PCを全滅させる等)を設定すれば、ゲームとして遊べないことはないのですが。
 それではゲームマスターの楽しみとは何なのでしょうか。RPGをゲームとして楽しむことが難しい反面、玩具としての楽しみを他の参加者より多く得られるのがゲームマスターをすることの魅力ではないかというのが、私の考えです。だからゲームマスターをやるのも好きですし、ゲームができないからつまらないとはまったく思いません。

 最後に余談になりますが、コンピューターRPGについて。コンピューターRPGの人気も、純粋な「ゲーム」ではなく、「ゲーム性」を含んだ「玩具」であることが理由ではないでしょうか。ゲームを「クリア」するという一応の目的は与えられますが、必ずしもそれに捕われることはなく、目標達成に関わりのない行為を楽しめることがある種の「気楽さ」を生んでおり、他のコンピューターゲームにはない魅力になっているように思います。

 以上、コスティキャンのゲーム論から出発して、玩具としてのRPGを考えてみました。次は、同じくコスティキャンの試論から出発しながら、私とは逆にRPGをゲームとして捉えた「馬場秀和のマスターリング講座」について考えてみるつもりです。
posted by Glaurung at 01:20| Comment(0) | TrackBack(0) | その他RPG一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。