2006年03月30日

うなぎインク

 Noodler's ink の Eel blue を入手しました。American eel というシリーズで、インクに潤滑剤が入っているのだとか。だから、eel=うなぎ。書き味がぬるぬるになるのかな、と思って買って見ました。
 ちなみにぬるぬるインクのアイディア自体は昔からあったらしいですが、実用化はなかなか成功しなかったのだとか。

 さっそく試してみましたが、書き味の変化は…? 効果があるような無いような。中字で試しましたが、もっと太いペンで試すと違うのかもしれません。あとは紙質の影響もあるか。
 しかし、インクの色は気に入りました。アメリカ産らしく明るい色合いです。赤味のない青で、筆跡の薄いところが水色になります。水色といっても、よくあるような水っぽく薄まった青ではなく、ターコイズを濃くしたような色です。
posted by Glaurung at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

0.7mmペンシル

 シャープペンシルですが、一般的な0.5mmの芯は細すぎると感じるようになってしまった。かといって、0.9mm以上では不便なこともあって、最近は0.7mm芯のペンシルを常用しております。

 欧米ではペンシルは0.7mmが主流のようですが、日本では数少ないのが残念です。それでも、品質では国産の方がずいぶん良いようですね。さすがは世界に冠たる日本の工業製品といったところ。

 私が一番完成度が高いと思っているのはぺんてるのケリーですが、これは0.5mmしかないので今はあまり出番がありません。パイロットのs3は、高級感も何もないプラスチック製で見た目も地味ですが、とてもしっかりした作りです。ありがたいことに、0.3mmから0.9mmまでラインアップされているので、0.7mmのものを使っています。これは簡単にクリップが外せるようになっているので、私は外しています。ポケットにでも挿すのでない限り、クリップは邪魔なだけですから。
 ゴムグリップや、やすりのような金属ローレットのグリップは好きでないので、それらを除外すると選択肢が実に狭くなってしまうのが悩ましい。

 欧米のものだと、高価なモデルに魅力のあるものが多くあります。国産品は、工業製品としての精度は高いのですが、デザインがどうもぱっとしない。そもそも、国産の高級モデルは0.5mmのものばかりで、0.7mmのもの自体ほとんど存在しないのではありますが。
 しかし欧米の製品で問題なのは、ほとんどが「回転ノック式」だということ。捻ると「カチッ」と芯が出てくるのですが、普通のノック式の方が絶対使いやすい。芯を出す機構自体を楽しむなら、私だったら回転繰り出し式を選びます。「回転ノック式」って、どんな利点があってあんなに沢山出まわっているんでしょうか。
 そんなわけで、海外のモデルでもあんまり選択肢がないのです。使いやすい、0.7mm芯のペンシルというのは、意外に難しい。

 芯も0.7mmだとあまり種類がないのですが、軟らかく滑らかなものを求めてひと通り手に入るものを試してみたところ、パイロットのENOというのが一番軟らかいようです。もっとも軟らかいのは2Bなのですが、これは私にはちょっと軟らかすぎ。書いた後が擦れて汚れやすく、減りも早い。私にはBの芯がちょうどいいようです。それでも、他製品の2Bより軟らかいように感じるのですが。
 海外製の芯は、だいたいどれも国産より硬いですね。とりわけステッドラーの芯は硬かった。
posted by Glaurung at 02:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

GURPS 第4版

 とりあえず、これでベーシックの2冊が出揃いました。

 ちゃんと読んでませんが、サイズ関係のルールがいい感じです。D&Dのサイズのルールも好きなんですよ。国産ゲームでサイズをきちんとルール化しているものって、ちょっと思いつかないんですが(ついでに言うと荷重のルールも)、ワタシはサイズとか荷重とかのルール大好きなんで、ふふふ。そのへんはやっぱり海外ゲームの独擅場ですな。

 それから、オフィシャル設定としてついている「インフィニット・ワールド」が面白い。無数の平行世界が存在して、世界間の移動が技術的に可能になっているというセッティング。GURPSが強いのはSFと歴史もの(含、歴史改変もの)だと思うのですが、どちらも上手く取り込めるわけです。

 しかし3版の頃の展開を思うと、4版は原書でもまだ「出揃っていない」ように感じますね。ヴィーアクルとかテック系がひと通り出て、わけわからんサプリが出てくるようになってからが本番かもしれない。
 一番問題なのは、最近、新しいゲームに手を出すのが億劫になっていることなんですが。年は取りたくないものじゃのう。
posted by Glaurung at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | その他RPG一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。