2004年12月24日

フォーゴトン・レルム日本語版など

 ホビージャパンの公式サイトによると、

『フェイルーンのモンスター』、価格未定、2005年春発売予定
『フェイルーンの魔法』、価格未定、2005年発売予定

とのことです。2月から4月くらいにかけて V.3.5 の DMG と MM を出して、その後に『フェイルーンのモンスター』を出すということでしょうか。頑張りますねえ、ホビージャパン。

 『フォーゴトン・レルム・ワールドガイド』ですが、何しろ膨大な量のテキストなので、日本語化されていると楽だと実感しました。後発のサプリメントで修正されている箇所に、ちゃんと訳注が入ってるのには感心。そういう細かい気配りは評価したいです。一方で、アスキー/エンターブレインの小説の訳語の統一は不十分です。

 それから、早売りのゲームぎゃざがもう店頭に並んでいたので覗いてみましたが、D&Dの記事は BoVD のウェブ・エンハンスメントの翻訳だけでした。今月はゲリオンとパズズのデータで6ページ、残りは来月号に載せるのでしょう。ホビージャパンは今年いっぱいでマジックの代理店ではなくなるのですが、ゲームぎゃざの誌面は特に変わっていないようでした。
posted by Glaurung at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D3e, d20system | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1386295

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。