2006年02月27日

Legend of the Twins

 Legend of the Twins を入手しました。「ドラゴンランス伝説」を扱ったサプリメントです。

 気になる「過去と現在の主」レイストリンのデータですが、ちゃんと載っています。wizard 7/wizard of High sorcery(black) 7/loremaster 8/archmage 5 に Master of the Tower of Palanthus のテンプレートが付いて脅威度28です。属性はNEで、hpはわずか44。

 ドラゴンランスの他のキャラクターと比べてみると:
 キャラモン、タッスル、クリサニア、タニスは、「伝説」の時点でみんな14レベル。タニスはファイターにレンジャーとホライズン・ウォーカーが入ってますが、キャラモンはHFOです。キティアラは18レベル。エリスタンは、クレリック13レベルにハイエロファントが2レベル。パー=サリアン、ユスタリウス、ラドンナはいずれも19レベル。ただ、パー=サリアンには「塔の主」のテンプレートが付く分、二人より上になります。ダラマールは、この時点ではまだ10レベルです。

 さらに見ていくと、竜槍戦争のときのアリアカスが23レベル。ソス卿は、17レベルにデスナイトのテンプレートが付いて脅威度22。ちなみにクリンのデスナイトは、MM2のそれよりもかなり強力です。
「人の時代」では、ミーナが20レベル。ドラゴン・オーバーロードは圧倒的で、セイブルがHD43で脅威度26、ケレンドロス(スカイア)はHD54で脅威度35、マリスに到ってはHD63の脅威度39です。

 『モンスターマニュアル』に載っているモンスターの中で(素で)最も脅威度が高いのが、最も年をとったゴールド・ドラゴンでHD41、脅威度27。アークフィーンドでは、デーモン・プリンスのオルクスがHD37で脅威度28。アークデヴィルのバールゼブルとメフィストフェレスがそれぞれHD38で脅威度29。
 グレイホークのモルデンケイネンは、ウィザード一本で27レベル。
 フォーゴトン・レルムズには、エルミンスターの35レベル、脅威度39を筆頭に、わけ分からないパワーに満ち溢れています。ケルベン・ブラックスタッフが27レベル、脅威度31。ザス・タムは29レベルのリッチで、脅威度31。ハラスターが30レベル。現マジスターの Talatha は20レベルで脅威度24。他にも七姉妹なんかもいて、レイストリン級の魔術師は珍しくもない感じですか。

 もちろん、レベルや脅威度だけで強さを測ることは出来ませんが、レイストリンのデータを強いと見るか、弱いと見るか。モルデンケイネンとほぼ対等のレベルだし、妥当なところじゃないかと私は思いますが。
 ちなみに、クリンの神格はデータ化しないと公式に明言されております。
posted by Glaurung at 14:28| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラゴンランス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。