2006年03月24日

0.7mmペンシル

 シャープペンシルですが、一般的な0.5mmの芯は細すぎると感じるようになってしまった。かといって、0.9mm以上では不便なこともあって、最近は0.7mm芯のペンシルを常用しております。

 欧米ではペンシルは0.7mmが主流のようですが、日本では数少ないのが残念です。それでも、品質では国産の方がずいぶん良いようですね。さすがは世界に冠たる日本の工業製品といったところ。

 私が一番完成度が高いと思っているのはぺんてるのケリーですが、これは0.5mmしかないので今はあまり出番がありません。パイロットのs3は、高級感も何もないプラスチック製で見た目も地味ですが、とてもしっかりした作りです。ありがたいことに、0.3mmから0.9mmまでラインアップされているので、0.7mmのものを使っています。これは簡単にクリップが外せるようになっているので、私は外しています。ポケットにでも挿すのでない限り、クリップは邪魔なだけですから。
 ゴムグリップや、やすりのような金属ローレットのグリップは好きでないので、それらを除外すると選択肢が実に狭くなってしまうのが悩ましい。

 欧米のものだと、高価なモデルに魅力のあるものが多くあります。国産品は、工業製品としての精度は高いのですが、デザインがどうもぱっとしない。そもそも、国産の高級モデルは0.5mmのものばかりで、0.7mmのもの自体ほとんど存在しないのではありますが。
 しかし欧米の製品で問題なのは、ほとんどが「回転ノック式」だということ。捻ると「カチッ」と芯が出てくるのですが、普通のノック式の方が絶対使いやすい。芯を出す機構自体を楽しむなら、私だったら回転繰り出し式を選びます。「回転ノック式」って、どんな利点があってあんなに沢山出まわっているんでしょうか。
 そんなわけで、海外のモデルでもあんまり選択肢がないのです。使いやすい、0.7mm芯のペンシルというのは、意外に難しい。

 芯も0.7mmだとあまり種類がないのですが、軟らかく滑らかなものを求めてひと通り手に入るものを試してみたところ、パイロットのENOというのが一番軟らかいようです。もっとも軟らかいのは2Bなのですが、これは私にはちょっと軟らかすぎ。書いた後が擦れて汚れやすく、減りも早い。私にはBの芯がちょうどいいようです。それでも、他製品の2Bより軟らかいように感じるのですが。
 海外製の芯は、だいたいどれも国産より硬いですね。とりわけステッドラーの芯は硬かった。
posted by Glaurung at 02:44| Comment(4) | TrackBack(1) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シャープペンは、最近結構増えているにもかかわらず
使用頻度が少ないために、芯をほとんど買っていないです・・・
ENOの0.7、買って見たいです。(笑)
Posted by luckymarimo at 2006年04月30日 22:51
シャーペンの芯なんて、買おうと思えばいくらでも買えちゃうから、ついつい色々と買ってしまうんですよ。
ちなみに一番高かったのはモンブランの替え芯(笑)
ちゃんと0.7mmもあります。
でも10本しか入ってない。
コストパフォーマンス最悪です(質は悪くないですが)。
Posted by Glaurung at 2006年05月01日 03:50
私もケリーがすきです。色がもうすこしいろいろあるといいんですけどね。
最近ケリーの0.7がネットで買えるようになりました。黒と青しかないのですが、気に入りました。
Posted by susumu at 2006年07月19日 15:35
おお!
ケリーの0.7mmですか!
それは良さそうですね。
ぜひ試してみたいです。
Posted by Glaurung at 2006年08月03日 22:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

富山県 - 直あど交換所
Excerpt: 地域別お相手検索機能で直あど交換!
Weblog: 富山県 - 直あど交換所
Tracked: 2014-05-03 07:06
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。