2005年01月29日

J. Herbin のインク

 インクが好きだといったら、万年筆用のインクをいろいろ貰ってしまいました。
 そのうち、J. Herbin(フランスの会社でエルバンと読むらしい)のカートリッジを三色試してみました。

Bleu Pervenche(Perfumee)
 水色、あるいはターコイズ・ブルー。今まで、渋い色調のインクばかり使っていたので、この明るい色はちょっと新鮮でした。いちおうラベンダーの香り付らしいですが、非常に微弱で、鼻を近づけて嗅いでも微かに感じる程度でした。

Ambre de Birmanie
 インクの名前の Ambre というのは、琥珀のことでしょうか。筆跡の薄い部分は黄色、濃い部分はオレンジに見えます。黄色やオレンジといっても明るい色ではなく、少し茶色がかったような落ち着いた色です。万年筆のインクとしては珍しい色だと思います。インクの濃淡の色調がきれい。

Bleu Myosotis
 「勿忘草の青」。わずかに紫がかった青、ロイヤル・ブルー系。ペリカンのロイヤル・ブルーと比べると、やや紫が強い。
posted by Glaurung at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1756075

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。