2005年03月02日

FAQとQ&A

 RPG では、ユーザーの疑問に対して公式側が回答する FAQ とか Q&A と呼ばれるサポートがあります、なんて改めて言わなくても知っている人は知っていると思いますが、そのへんについて少々。

 この手のサポートは大きく二種類に分かれると思っています。ひとつが「FAQ型」で、ユーザーの質問のうち頻度の高いものに対して、公式側から一括して回答するという形をとります。ルールの中で誤解を招きやすい部分や、ルールブックには明確に規定されていない部分をはっきりさせることを目的とし、ルールを補完するもの・ルールに準ずるものとして位置づけられます。
 D&D の公式 FAQ はこれに当たると思います。FEARの出す FAQ もこれに近いものでしょう(たぶん)。

 もうひとつが「Q&A型」。「FAQ型」と何が違うかというと、個別の質問に対して個別に回答するというところです。「Q&A型」のサポートが雑誌に掲載されたり、ウェブ上で公開されたりすることもありますが、それでも本質的には個別的な回答であるということが重要です。
 考え方としては、「ルールで不明瞭なところがあったら各ゲームマスターが適当に判断すればよい。ただ、初心者マスターの場合は悩むこともあるので、そのときはベテランであるプロが相談に乗りますよ」ということだと思います。質問者(あるいは質問と回答を見た他の初心者マスター)が「なるほど、こんな風に裁定していけばいいのか」と学習できることが主たる目的であり、必ずしも一貫性のあるルールの提示という形にはなりません。
 D&D でいうと、Sage へのメールでの質問と回答がこれに当たると思います。グループSNEのやってる Q&A も、こっちのタイプに近いんじゃないでしょうか(たぶん)。

 別の言い方をすると、「ルール」の領分に入るのが「FAQ型」で、「マスタリング」の領分に入るのが「Q&A型」です。もちろん現実には綺麗に二分できるわけはなく、グレイゾーンに当たる部分が存在します。
 この二類型、意外と違いが意識されていないようですが、それぞれ目指すものが違うので、気をつけないとトラブルの原因になりかねません。特に「Q&A型」のサポートに、「FAQ型」のサポートと同じものを求めてしまうケースがままあるように思います。
 どちらの方がよいというものではないわけですが、両方あった方がいいよね、と小さな声で言っておきましょうか。

(追記)
 あらためて考えてみると、「Q&A型」の機能は、ウェブ上のユーザーが集まる掲示板なんかでも代替可能ですね。昔はインターネットなんてなかったのですが、今となっては公式による「Q&A型」のサポートは必要性が低くなっているのかもしれません。
 ユーザーがあえて公式側に個別に回答を求めるとしたら、それはやっぱり「オフィシャルな答」が知りたいからなのでしょう。しかし公式側としても「FAQ型」で対応できないような細かい個別的な質問すべてに、一貫性のある回答を続けることは大変なわけです。その辺りで、ユーザー側の期待とすれ違いが起きているような…。
posted by Glaurung at 02:58| Comment(4) | TrackBack(0) | その他RPG一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なるほど。興味深い観点ですな。おもわず携帯からコメントしちゃいます。

しかし「Q&A」を回答するユーザというのはどうなんでしょ。教えたがりが多いから反応はありそうですが、質的保証やら維持やらが難しそうな。あと身銭を払った相手と他人で質問に際しての心理的抵抗がちがいそうですし。
Posted by アキト at 2005年03月02日 08:07
 ユーザーによる回答の質は玉石混交となるでしょうが、一定のユーザー数があれば総体としてそれなりの質を維持できるような気がします。
 逆に、そうしたコミュニティーに参加するユーザーの数が少ない場合では回答の質も低下し、最悪、質問について回答がつかないというケースも出てくるでしょう。ただ、そこまで寂れているゲームの場合、公式でのサポートも維持できなくなっているとは思います。

 いずれにせよ、公式側による「Q&A」の必要性は低下した(インターネット普及以前と比較して)とは思いますが、必要性がなくなったとは思っていません。
Posted by Glaurung at 2005年03月03日 01:25
偏っているが声の大きい人が出ると荒れそうで。実際に遊んでる人からすればお話にならない物でも未経験者からすると「そんなものか」と歪んで伝わってしまうでしょ。これを回避するには相互批判可能とするか複論併記で投票可能とするとかですか。
実運用としては一覧性も考えると「チャットして解決。まとめた文章をサイトアップ」でしょうか。これはiRCを用いた語り部と2ちゃんねるを利用したDD3eがあります。
もひとつは「馬力ある個人が作成」かしら。ブルーローズで実験的にやってみましたが。

あと公式Q&AをFAQ的に並べ直すなんてのもソードワールドでやりかけました。

少し考えて自分のとこでエントリ書きますね。
Posted by アキト at 2005年03月03日 08:17
 なるほど。私は公式側からのサポートを中心に考えていたので、ユーザーの自発的な活動についてはちょっと考えないといけませんね。
Posted by Glaurung at 2005年03月03日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。