2006年09月24日

d20モダン

 WotCから、d20モダンを出すというアナウンスがあったとき、正直「どうかな?」と感じた。「わざわざd20システムで現代物をやるより、素直にD&Dをやっている方がいいんじゃないか」と思ったからだ。だから、英語版には一切手を出さなかった。
 HJから、d20モダンの翻訳を出すというアナウンスがあったときも、同じように感じた。「売れないんじゃないか」とも思った。それでもd20モダンの邦訳は発売された。HJの決断に敬意を表して、とりあえず買ってみた。

 ルールブックを読んでみたら、思った以上に面白かった。セッションしたいという気になった。不思議なものである。

 d20モダンの良いところは何か。ルールやデータが充実している。それがまず前提だけど、それだけじゃない。日本語で遊べる現代物のRPGの中で見ると、汎用性が高いというか、色々できるのがd20モダンの魅力だと思う。

 現在ある現代物のRPGのほとんどがファンタジー(SF等も含む広い意味で)だ。d20モダンにも超自然な現象、つまり魔法とか超能力とか怪物とかを扱うルールは沢山あるが、それは抜きでも、現代アクション物としてプレイできるようにデザインされている。カーチェイスをしたり、銃撃戦をしているだけでも楽しそう。
 HJは、現代版D&Dという触れ込みで売りたいようだけど、個人的には、汎用現代物RPGという方向性で展開していってほしい。PastとFutureを出してくれると、ルネッサンスから未来まで対応できるのでうれしい。無理か。

 他のd20システムのルールを導入しやすいのも、汎用性の高さに貢献している。D&Dからネタを持ってくるのはもちろんだけど、d20クトゥルフのルールを持ち込むのも面白い。

 正気度のルールは、ほとんどそのまま使える。クトゥルフ神話を扱わないにしても、ホラー物(あるいは、アクションホラー)をやるには最適なルールだ。
 それから超能力特技。基本はリアルな世界だけど、少しだけ神秘的な要素も入れたいという場合に使える。D&D的なサイオニクスのルールと比べると地味だが、雰囲気があって私は好きだ。ただし使用コストが正気度なので、正気度ルールと一緒に導入するならいいが、そうでなければ別のコストを考えなければならない。非致傷ダメージ、アクションポイント、「疲労状態」になる、あたりだろうか。

 もちろん神話要素(神話生物とか魔法とか)をそのまま持ち込んだっていい。d20モダンのルールでも、どうせ低レベルだったらPCも大して強くないから、普通にクトゥルフなセッションができると思う(アクションポイントは制限した方がいいのかな?)。

 とにかく幅広く遊べるのが身上のゲームなので(基本ルールに3つもキャンペーンセッティングが載っているし)、色々やってみるのがいいんでないかと、ボンヤリ考えている。
posted by Glaurung at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D3e, d20system | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24321369

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。