2005年05月01日

いま使っているノート類

 私がいま使っているノート類ですが、以下の三種です。

 まずメモ帳。Rhodia のNo.11サイズのもので、常に持ち歩いています。評判のいいRhodiaは、確かに質がいいとは思いますが、あまり拘らずに色んなものを使っています。
 使い道としては、ちょっとしたメモ、To Doなど、かなり自由に使っています。無意味な落書などがしたくなった場合もこれに書きます。これがないと他のノートに落書が侵入してしまうので、私にとっては大切なポイントだったりします。
 要らなくなったら、どんどん捨てていき、忘れてはいけないメモは「剥がせる糊」というのがあるのでそれを塗って、デスク回りの目立つところや他のノートの適切な箇所に貼り付けます。剥がせる糊というのは、私はけっこう重宝しています。「剥がせる」という保証があると、ノートなどに紙を貼るときの心理的な抵抗が減るのが良いようです。
 メモ帳型のポストイットも使いますが、粘着剤がつかないように表面に何か加工がされているのか、水性のインクが乗りにくいので、あまり好きではありません。それなりに便利ではあるので、持ち歩きはしませんが机には置いてあります。

 それから、見開き1週間のダイアリー。携帯用の手帳はほとんど必要ないと見切りをつけたので、大き目のものをスケジュール用に使っています。そのほうが伸び伸び書けて良いです。これは机に置きっぱなしです。

 最後に、普通のノート。100円ノートの「超メモ術」というのを利用してます。ただし、ノートの端を破るというのは面倒なので最初の一冊でやめました。A5のノートを使ってますが、100円ノートでは侘しいので、デザインの気に入ったものを選んで使っています。といっても、ホチキス止めのノートで、ぜんぜん高価なものではないのですが。このノートは一応、携帯しています。
 考えてみると、この100円ノートの「超メモ術」というのはblogとよく似た原理ですね。流石にキーワードで検索とかはできませんが、それでも特に不自由はありません。大雑把に分類だけして、順番は考えずになんでも書き込んでいいというのが性分にあっているのかも。そういえば、趣味についてはblog、仕事についてはノートという使い分けがいつの間にかできていました。
posted by Glaurung at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。