2005年09月18日

銀座の伊東屋に行ってきたよ

 久しぶりに銀座の伊東屋を覗いてきたけど、やはり楽しい。

 来年の手帳を売り始めていたけど、まだ買うつもりはないので華麗にスルー。でも、クオ・ヴァディスのトリノートはちょっとだけチェック。来年から使おうか。

 以前行ったときはカランダッシュの芯ホルダーはまったく置いていなかったのですが(店員の話によると代理店がかわったせいだとか)、今日売り場を見たら再び入荷していました。FIXPENCIL 884、品番は見なかったけど884と同じサイズのマーブル柄のホルダー(グリップにギザギザがないところが884とちょっと違う)、それから軸がいくぶん長いFIXPENCIL 77。2mmのものはこの3種類。3mmの芯ホルダーも置いていました。
 884は赤い軸のものを既に持っているので買わず、マーブル柄のものはちょっと色使いがけばけばしく感じたのでパス、しかし、長軸の77を買ってしまいました。色はマットなブラックで、軸の長さ以外は884と同じデザインです。

 芯ホルダー関連では、ファーバーカステルのスターリングシルバー製の限定品が売っていました。世界限定1948本だとか。値段が値段なので、これは眺めるだけ。カランダッシュでもスターリングシルバーの芯ホルダーを出していましたが、高価な限定品にまで手を出す熱心なファンもいるのでしょう。

 伊東屋オリジナルの鉛筆補助軸もあったのでチェック。イートンペンシルの色に合わせて、白、黒、赤、灰の4色。ちょっといいかなと思ったのですが、はめた鉛筆が微妙にがたつくのが気になる。実用上支障はないだろうけれど、これは買わないことにしました。

 それから、前から気になっていた伊東屋オリジナルのメモ帳を購入。紙がトレーシングペーパーなのが面白い。書き味も独特。万年筆など水性のインクで書くと乾くのが遅いので、ペンシル類で書くのがいいかな。メモ用紙としてガンガン使っていくにはちょっと高いんだけど、人に渡すメモなんかに使うと面白がってくれる人もいるかもしれない。
 そういえば、丸善では昔の原稿用紙のデザインをそのまま使ったメモ帳を売ってました。ショップオリジナルのグッズとしては作りやすいのでしょうか。面白いものです。

 最後に高額筆記具のコーナーを眺めておしまい。ペリカンの螺鈿の「旭光」がありました。相肩の「月光」の方がなかったところを見ると、もう売れてしまったのでしょうか。

 次に行くときは来年のダイアリーを買いたいですね。
posted by Glaurung at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。