2005年10月10日

無形の玩具としてのRPG(1)

 コスティキャンのゲーム論というのがあって、なかなか個性的で面白い。
 RPGはゲームか否かという議論は昔からあって、結局、「ゲーム」の定義次第で結論が決まってくるわけだけど、私はRPGはコスティキャン的な意味ではゲームではないと考えます。なぜなら、RPGには明確な目的がないからです。
 もちろん、明確な目的とは言えなくても、それに近いものはあります。そのゲームのルール・世界観から期待されるPCの役割だったり、シナリオのレベルで想定されるゴールだったり、プレイヤーが設定したPCの目指す目標だったりで、それらの目標を達成するためにリソースを操作して遊ぶという「ゲーム」的側面は、RPGにも間違いなくあります。しかしそれは厳密なものではなく、最終的な決定は遊び手に委ねられています。
 たとえば「シムシティ」でも、遊び手は(漠然とでも)何らかの目標を設定し、それを目指してプレイするのが普通でしょう。しかし、コスティキャンは「シムシティ」はゲームではなく玩具であるとしています。つまり、コスティキャンの言う「目標」とは、遊び手が任意に設定するようなものではなく、ゲームの方から遊び手に従うことを要求してくるルールの一種なのだと考えられます。
 それならば、コスティキャンの文脈で考えると、「シムシティ」がゲームのように遊ぶことができる玩具であるのと同様、RPGもまたゲームのように遊ぶことができる玩具ということになりそうです。
 誤解のないように断わっておきますが、私はRPGをゲームとして遊ぶことができないと主張するつもりはありません。プレイスタイルとして、RPGをコスティキャン的な意味でのゲームとしてプレイすることは可能でしょうし、その方向を否定するつもりはありません。また、コスティキャン的な意味でのゲームとしてデザインされたRPGや、RPGシナリオというのもありうるでしょう。喩えるなら、ボールはゲームではなく玩具ですが、ボールを使ってゲームをすることは可能なのと同じことです。あるいは、特定のゲームのために設計されたボールとそのボールを使うゲーム(のルール等)をパッケージにして商品化することもできる、ということです。
 しかし、そうした例が存在したとしても、一般にRPGがゲームであるとは言えないということです。
posted by Glaurung at 01:33| Comment(0) | TrackBack(0) | その他RPG一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7930687

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。